移住計画

「移住を考え始めたのは」

フィリピンへの移住を具体的に考え始めたのは、いつだったろう?

2007年にダバオ市に一戸建ての購入を決めた時?

いや、たぶん25年間の年金受給資格に到達した2011年頃ではないかと思う。

2011年といえば大地震が起きた年、また、菅内閣の最後の年であり、消費税法が成立した年でもある。

閉塞感が漂い景気も後退局面、「海外移住」や「海外脱出」等の活字をよく目にするようになった年だった気がする。


実は大地震が起きた約2週間後の2011年3月28日に購入したダバオの一戸建てに妻と息子を避難させた。

当時息子は4年生で、Ateneo小学校に編入した。

もちろん言葉の壁があったので、担当の先生からは、「1年遅らせた方がいいのでは」と言われた。

教室にいる息子が緊張した面持ちでこちらを見ていたのを今でも鮮明に覚えている。


かなり努力したのだろう、中学在学時は飛び級も進められるほど成績がグングンと上がった。

中学卒業式では、表彰もされた。


時が流れるのは早く、今年Ateneo高校を卒業した。平均95点以上の成績の1st Ownerとして表彰されメダルを受賞するおまけ付きで。

しかし、コロナでまだ「卒業式」は未実施。

でも幸い授業はコロナ前に全て終わっていて、大学はいろいろ検討したが、ダバオで医者になる道を息子は選んだ。

10年かかるであろう医者になるまでの道のりを、今後もこのブログに記録として残していこうと思う。

話が横道にそれたが、60歳でフィリピンへの移住を計画している。

60歳で年金を受給し始める場合、65歳の満額の70%程度らしい。

この点も今後このブログで具体的に出来るだけ詳しく、実例をベースに記録していこうと思う。

また受給できる年金に対し、支出も実際どれ位になるのか、息子がダバオで生活している実際の支出をベースにこのブログに記録していこうと考えている。


FHN バチ
FHN バチ

読者のみなさま。案内役の「FHNバチ」です。
ブログランキングへ参加しました。下の「海外移住」と「フィリピン」バナーアイコンをクリックして応援をよろしくお願いします。モチベーションアップにもなります。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ

jaJapanese
en_USEnglish jaJapanese